低木・下草の商品一覧

低木・下草(グランドカバー)のあるナチュラルな庭を作ってみたいと思いませんか。おしゃれな低木・下草にはどんな種類があるのか、商品を一覧でご覧いただくとともに、費用相場や植え方、日陰に植えられる種類など、初心者が気になるいくつかの疑問にお答えしたいと思います。

1度にご注文できる商品は同じ店舗が販売する商品のみとなります。
追加で商品をお選び頂く際には、既にカートに入れた商品を取り扱う店舗の商品のみ表示されます。

1件の商品がございます


表示

低木・下草

     

低木・下草(グランドカバー)とは?

「低木」とは、本来樹高が2m~3mの樹木のことをいいますが、庭木では、樹高1m~2mの「小低木」をメインに「低木」といわれるのが一般的です。

「下草」とは、造園用語で樹木の株元に植えて、根締めの役割をする植物のことです。株元に何もないと殺風景な印象になりますが、センスのよい下草があると、洗練された植栽になります。

「グランドカバー」とは、地被植物やカバープランツなどとも呼ばれ、地を這うように広がるタイプの草木のことです。芝生に代表されるように、多少踏まれても問題なく育つものが多いのが特徴です。

低木・下草(グランドカバー)の種類について

庭木の下に植栽する低木・下草(グランドカバー)のおすすめの種類は、シルバープリペット・ホープレイズなどのアベリア系・ローズマリー・ラベンダー・コンフューサ・ヤブランなどがあげられます。

グランドカバーの種類であっても、日当たりを好む植物は、樹木の下草にはふさわしくありません。木漏れ日程度でもよく育つ、耐陰性のある種類が適しています。アジュガやディコンドラ・ユキノシタ・タマリュウ・マンネングサ・ハランなどが、通販でも安い値段で購入できるのでおすすめですよ。

低木・下草(グランドカバー)の相場は?

低木・下草(グランドカバー)といっても様々な種類があります。同一種類でも、大きさや、花の色柄、希少性などによっても変わってきます。一般的に、成長が遅く流通が少ない低木・下草(グランドカバー)だと、値段の相場が高い傾向にあります。成長が早く流通が多い種類だと、費用相場は安めのようです。

費用のポイントは、管理がしやすいと維持費用が安く済み、長い目で見るとトータル費用が安くなる点です。販売価格だけを見て、高いか安いかは一概には言えないのです。通販なら、値段が一覧で見られるので、安心してお気に入りの一つを見つけられそうですね。

自分で植えられるの?

低木・下草(グランドカバー)を通販で購入した場合、ガーデニングが得意ならば、ご自分でチャレンジしてみましょう。単一種類を群生させてもいいですし、複数の植物をセンスよく混植してもおしゃれです。成長した時にどのくらい大きくなるのか想像し、大きいものは後ろ、小さいものは手前に配置し、お互いの根が干渉しないように、適度な距離で植えることをおすすめします。

メインの樹木の水やり頻度や、土壌のpHなどに合わせて下草の種類を変えないと、うまく育たないかもしれませんので、同じ環境を好む植物同士で植えましょう。難しいと感じたら、造園のプロにお任せしたほうが安心かもしれませんね。

管理(剪定等)が比較的楽な低木・下草(グランドカバー)の選び方とは?

低木・下草(グランドカバー)で管理が楽なのは、成長が遅い種類です。成長が早いと手入れに追われてしまいます。初心者が間違った剪定・切り戻しをすると、花が咲かなかったり、枯らせてしまったりということも・・・。また、低木・下草(グランドカバー)をセンスよく選び、混植したほうが断然おしゃれなのですが、単一種類で群生したほうが管理は楽になります。

とはいえ、植物は生きているので、どんな種類でも成長すれば大きくなるものです。手入れが全くいらないというわけではないのでご注意くださいね。業者に頼む場合も、手入れの回数が少ないほど費用が抑えられ、トータル費用は安くなります。

日陰に植えられる低木・下草(グランドカバー)はどんな種類があるの?

日陰にも植えられる常緑樹の種類は、低木では、アオキ・クチナシ・アジサイ・青葉系のコニファーやハツユキカズラ・キンマサキ・ソキワマンサクなどがあります。下草(グランドカバー)では、ホスタやクリスマスローズ・ホトトギス・アイビー・アジュガ・タマリュウなどを植えるとおしゃれなライトシェードガーデになりそうです。

ただし、どんな植物もまったく日が当たらなくていいわけではありません。明るい日陰か、午前中だけ日が当たる場所に植えましょう。日陰は暗くなりがちなので、斑入りの品種もあるとよいアクセントになり、明るくおしゃれになりますよ。

花を楽しめる低木・下草(グランドカバー)はどんな種類があるの?

低木・下草(グランドカバー)は、庭の植栽においては縁の下の力持ち的存在ですが、花が咲いたり、実がなったりして、庭木の株元を鮮やかに彩る種類もあります。また、花や実がならなくても、シルバーリーフのディコンドラや、オーレア品種のリキマシア、銅葉のカレックスやニューサイラン、混色の五色ツタ、斑入りのアイビーやグレゴマの種類などのカラーリーフなら、明るく地被して下草のアクセントになります。

春に花や実を楽しめる低木・下草(グランドカバー)は?

春に花や実を楽しめる、通販でも買えるおしゃれな低木・下草(グランドカバー)を一覧でご紹介します。
低木では、アセビ・アジサイ・コデマリ・トサミズキ・ジンチョウゲ・ビバーナム・コトネアスターなどがあります。
下草(グランドカバー)ではアジュガ・ヒューケラ・スズラン・エリゲロン・フッキソウ、シャガ、ネペタなどが地被に使えます。

実が楽しめるのは、マホニアコンフューサなどです。5月ごろから黒紫の実を付け、おしゃれです。

夏に花や実を楽しめる低木・下草(グランドカバー)は?

夏に花や実を楽しめる、通販でも買えるおしゃれな低木・下草(グランドカバー)を一覧でご紹介します。
低木では、クチナシ・アベリア・ムクゲ・シモツケ・ハギなどです。
下草(グランドカバー)では、ホスタ・アガパンサス・アスチルベ・ホトトギス・インパチェンス・ヤブラン・ユキノシタなどが地被に使えます。

実が楽しめるのは、スグリ・ブルーベリー・ヒイラギ・ユスラウメなどです。初夏ごろから実ります。

秋に花や実を楽しめる低木・下草(グランドカバー)は?

秋に花や実を楽しめる、通販でも買えるおしゃれな低木・下草(グランドカバー)を一覧でご紹介します。
低木では、マルバノキ・ヌルデ・ルリマツリ・マホニアコンフューサなどです。
下草(グランドカバー)では、ヤブラン・シュメイギク・ツワブキ・ヒメツルソバ・シュウカイドウなどが地被に使えます。

実が楽しめるのは、アオキ・アセビ・イヌマキ・ムラサキシキブ・ニシキギ・ビバーナムなどで、秋らしい人気の種類です。

冬に花や実を楽しめる低木・下草(グランドカバー)は?

冬に花や実を楽しめる、通販でも買えるおしゃれな低木・下草(グランドカバー)を一覧でご紹介します。
低木では、マホニアコンフューサ・カンツバキなどがあります。
下草(グランドカバー)では、クリスマスローズ、スノードロップ・フクジュソウ・ユキワリソウなどが地被に使えます。

実が楽しめるのは、センリョウ・マンリョウ・ヤブラン・リュウノヒゲ・オモト・フユイチゴなどです。クリスマスやお正月など冬のイベントに彩りを添えてくれそうですね。

お庭別オススメ低木・下草(グランドカバー)の紹介

洋風におすすめな低木・下草(グランドカバー)6選

和風・和モダンにおすすめな低木・下草(グランドカバー)6選